カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
玄海漬バナー粕漬バナー特上粕漬バナー野菜粕漬バナーその他粕漬バナー
魚粕粕漬・西京漬バナー鯨珍味バナー一夜干バナー名脇役バナーギフトセットバナー
3種セットバナー玄海漬お試し大バナー特上貝柱カテゴリー野菜カテゴリーK缶カテゴリー
値上げ案内
H29歳暮バナー



粕漬通販TOP > 玄海漬の粕漬け

【玄海漬の粕漬け】

鯨の回遊路になっていた玄界灘海域の佐賀県唐津市一帯は、かつて捕鯨基地で 江戸時代初期から昭和二十年代まで捕鯨が行われていました。鯨は、ちゃんと捌けば いっさい捨てるところはないと言われております。当時、捕獲したばかりの鯨の軟骨 は、醤油漬や塩漬にして食べられていました。しかし 明治の中頃に創業者・高田庄太郎氏が鯨の軟骨を調味した酒粕の中に細かく切って漬け込んだところ、酒肴やご飯のおかずとして大好評。こうして現在の玄海漬が生まれました。しかし、今では商業捕鯨が禁止されていますので国際捕鯨取締条約に基づいて(財)日本鯨類研究所が南氷洋と北西太平洋で実施していますミンク鯨などの鯨捕獲調査の副産物として製造・販売しております。こうした状況の中、他にも山海の珍味を製造販売しております。現6代目社長のもと引き継がれた伝統の味を大切にしたこだわりの逸品を作り続けていきます。


↓↓↓別途商品を加えても送料無料!同梱にご利用下さい↓↓↓
初めての方限定!【送料無料】お得なお試しセット

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ